Navigation Bar
Diving Information
Hawksbill Turtle


DIVE TROPEXシェラトンフィジーリゾート、シェラトンロイヤルデナラウホテル、ワールドマーク/トレンドウェストホテル、そしてトコリキアイランドリゾートの各ダイブショップから、、ママヌザ諸島沖に広がる数々のダイブサイトへダイバーのみなさまをご案内しています。 ご滞在中、ダイブパッケージにて連続してダイビングをなさる方、またはご旅行中にホテルを移動なさる方、どうぞご心配なく。 TROPEXはダイブログのチェック、またショップ間で連絡をとりあうことにより、できるだけ重複しない、それまでにまだ潜っていない新しいダイブサイトへみなさまをお連れできるよう、いつも心がけています。

ママヌザ諸島は、フィジーで一番大きい島である本島・ビチレブ島の西部に位置するNADI(ナンディ)から、北西に広がるマロロ、キャスタウェイ、マナ、トコリキ等の島々から成る美しい諸島です。


ダイブサイトマップはこちらからご覧いただけます


本島のダイブショップには日本人スタッフが在中、日本人のお客様のお手伝いをさせていただいています。.

Coral
数々のダイブサイトの中から、主なポイントの“みどころ”をご紹介しましょう。


Fish Market (Magic Passage)
TROPEXが訪れるダイブサイトの中でも最も人気のあるポイントのひとつ。さんご礁に群がるエンジェルフィッシュ、ムレハタタデダイ、ヨスジフエダイなど小〜中型の魚の群れから、ホワイトチップシャーク、バラクーダ、時には斑飛びエイが横切るなど、その魚の群れの濃さと、バラエティの豊富さが人気の理由です。また、白砂の海底が、年間を通して透明度の良さを約束してくれます。 最大深度18m

Hole in the Wall Dive SiteShark
リーフの側面にポッカリと空いた穴をトンネルのようにくぐると、そこはリーフの表面。色とりどりのハードコーラルのフォーメーション、海うちわやソフトコーラル、そして息を呑むほどの魚たちの群れをご覧いただけます。ママヌザ諸島を囲む大きなリーフの外側に位置するこのダイブサイトは、時折流れが強く、ドリフトダイブに使われることも多々。さんご礁の上を、フィンキックなしで、文字通り“飛ぶ”ようなダイビングになることも。平均深度16m 最大深度25m

Jackies Dive Site
デイトリップで有名なビーチコンバー島の北に位置するダイブサイト。このポイントはマリンサンクチュアリ(海洋公園)に指定され、釣りや捕獲が禁止されているため、魚の多さと、大きさに驚かれることでしょう。 パンやビスケットを持って飛び込むと、アッという間に周りが見えなくなるほどの魚たちに囲まれます。平均深度12m


シェラトン、ワールドマークリゾートからマロロアイランドへ向かう途中、ボートでたった15分のところに突然現れる大きなリーフ。昔からここで船が座礁することが多いため「何か精霊が棲んでいるに違いない」と言われ、ミステリーリーフと名づけられました。リーフの所々に通り抜けできるほどの穴があいているので、ちょっとしたケーブダイビングの雰囲気。岩陰にはスティングレイやロブスターが潜んでいます。また、干潮時には深度1mほどになるリーフトップでは色鮮やかなコーラルや魚たちが見られ、スノーケラーにも大人気のポイントです。 最大深度12m


Coral Gardens Pinnacles Dive Site
海底25mの深度からそびえ立つさんごの根は、地形派ダイバーに大人気。底部のトンネルをくぐり抜けた後は、根の周りをらせん状にまわりながらゆっくり上へ向かいます。頂上にたどりつくと、そこはまるで別世界。息をのむほどの、ハナダイの群れや、イソギンチャクに戯れるクマノミにうっとり。根の底部、中層、頂上でまったく違う種類の魚が見られるのも、このポイントのおもしろさです。また、移動距離が短いので、カメラ派にもピッタリ。


キャベツコーラルの広がりが、まるでキャベツ畑のよう。ホウセキキントキの群れや、エンジェルフィッシュたちの棲み家になっているようです。こちらを監視するようにヌラヌラ〜ッと現れるバラフエダイは、ちょっとした迫力。平均深度12m 最大深度18m



白い砂地に点々と連なるコーラルヘッドに沿ってのドリフトダイブ。岩場に隠れるタコや、テーブルサンゴの下に眠るホワイトチップシャークを見つけたり、ウメイロモドキの群れを追いかけたり。また、カメに出遭える確立が高いのもこのポイント。ふと気づくと、並んでいっしょに泳いでいたなんてことも。 途中深度30mのチャンネルを、南東に位置するコーラルヘッドへ向かって“飛び越え”ます。中性浮力に気をつけて。最大深度18m

Explore the 'Salamanda' Wreck Diving with Dive Tropex!

深度25mの海底に横たわる500トンの船体“サラマンダ”。船長33mという大きさですので、船室を潜り抜けてみたり、甲板へおりてみたり、そんな楽しみ方ができます。魚たちの棲み家になるには、まだしばらく年数が必要ですが、既にサザナミフグが一匹、自分を「主(ヌシ)」と決め込んでいるようです。


Plane Wreck Dive Site
第2次世界大戦時のアメリカ軍戦闘機が、海面にかなり激しくぶつかったのでしょう、破片となって深度25mの海底に沈んでいます。


Dive Boats

'SYOGUN',船長9.5mのアルミニアムボート。450HPのヤンマーディーゼルエンジンと、DOEN社製ジェットとのコンビネーションが作り出す安定性とパワフルさを感じてください。ダイビングだけでなく、フィッシング、パラセイルをもこなす、パワフルな多目的ボートです。

'DRAGER',船長9mのキャッチマスター・ボート。150HPのV6ヤマハ船外機が2台、つまり300HPのパワーとスピードです。2タンクダイバーを8名まで収容。

'TANGAROA', 船長8mのフレーザー・クラフト。200HPのV6ヤマハ・エンジンが機動力。2タンクダイバーを6名まで収容。

'NEPTUNE', 船長8mのフレーザー・クラフト。150HPのV6ヤマハ・エンジンが機動力。2タンクダイバーを6名まで収容。

'EBISU', 船長8mのフレーザー・クラフト。150HPのV6ヤマハ・エンジンが機動力。2タンクダイバーを6名まで収容。

'TROPEX DIVER', 船長7.5mのヤマハロングボート。エンジンは90HP。2タンクダイバーを6名まで収容。

'SCUBA II', 船長7.5mのヤマハロングボート。エンジンは90HP。2タンクダイバーを6名まで収容。


DIVE TROPEXのボートはすべて、フィジー政府海洋機関の規準に基づく検査を合格しており、酸素救命具、VHFラジオ、ファーストエイド用救急箱などを常備しています。

上記ボートはすべて、ボートチャーターも承っています。

ダイビング器材

タンクアルミ製。10リットル。 フィッティングはKバルブです。バウアー・コンプレッサーで、常にきれいなエアを充填しています。

BCD:Sherwood, Apollo, Oceanic社製。XS-XXLのサイズをご用意しています。

レギュレーターSherwood社製。PADI規準に基づき、深度計、残圧計、オクトパスはすべてそろい、常にサービスをそろっています。

ウェットスーツ:スプリングスーツ(3ミリ)、ショートジョン(5ミリ)。XS-XXLのサイズをご用意しています。

フィン:素足に直接履いていただく、やわらかいゴム製のフルフットです。

タンク:現在のところ、度つきのレンズはご用意していません。ごめんなさい。必要な方はご持参なさってください。

ダイブコンピューターSUNTO社のFAVOR(リストタイプ)を、レンタル用にご用意しています。1トリップ$44フィジードル。

 

DIVE TROPEXは海洋環境の保護と育成をサポートしています。ダイバーのみなさまにはコーラルを傷つけないよう、また、海に生息、存在するものは何も地上に持ち帰らないようお願いしていますことを、ご了承ください。



PADI 5 Star Logo

Dive Tropex is a PADI 5 STAR facility




Home | Diving | Sheraton | Tokoriki | WorldMark-Trendwest | Contact

Home Diving Sheraton Resorts Tokoriki WorldMark-Trendwest Contact